東京の税理士さんの顧問料とは

東京で税理士を探すというのは別に他の土地で税理士さんを探すのと全く違いはありません。つまりインターネットなどで税理士さんを検索して、気に入ったところの担当者さんと話しをしてみればいいのです。

皆さんは実際にもう顧問の税理士さんを見つけて契約されたでしょうか。常に税理士さんと契約するときに一番気になるのはやはり「顧問料」というものではないでしょうか。

今日は少しこの東京地区の税理士さんの顧問料というテーマを皆さんと一緒に考えてみましょう。まず以前はどの税理士さんも「最高限度額」というものが決められた中でほとんど同じような顧問料を請求していました。

しかし法律の改正で自由に料金設定をすることができるようになったのです。このことは税理士の間での競争を促進し、私たち利用者にとっては非常にメリットの大きい状況となっています。

一般的に東京の税理士の顧問料はひと月あたり4、5万円とみられているようですね。もちろんそれ以下でサービスを提供している税理士さんも沢山いますからこれはよく確認してみるべきです。さらに少しこの税理士の顧問料というのは変わった仕組みが取られています。

つまりその顧問料は会社の「経営状態」によってかなり変わってくるということです。

つまり税理士を雇用した企業が業績好調であれば、顧問料も上昇する傾向がありますし、企業サイズが大きければその場合も顧問料というのは高くなります。

ですから「あの会社は〇万円の顧問料で仕事してくれているのに、うちに対する料金は法外だ」とは一言では断言できないということなのです。

さらに顧問料というのはその訪問回数とか、業務に関する複雑さなども判断されることになります。ですから大体の見積もりを事前にしっかり出してもらうということが必要になってくるのではないでしょうか。

時間があるときに皆さんもチェックできることですが、この東京地区の顧問料というのは他の地域と比べてそれほど高いものではありません。この事実に驚かれる方は結構多いようですね。

それだけ税理士さんも新規の顧客獲得に努力しているということでしょう。税理士と顧問契約を結ぶ場合にはこの顧問料というのは毎月かかってきますので、しっかりと色んな税理士さんを比較して選んでみてください。

そうすればのちのち顧問料が払えないとか、経営を圧迫するなんていう本末転倒なことは発生しないに違いありません。ぜひとも参考にしてください。


Comments are closed.